2019年2月15日金曜日

ボヘミアンラプソディの作品的価値

今日からエレモことelement of the momentのアルバムリリース記念3daysライブ@sound M's(那覇)である(長い)。

だが私はボヘミアンラプソディの話をする。

あれがグレートな作品かどうかについては色々な意見がある。

興行的にはない。大成功以外の何物でもない。

では作品としてはどうか。

クイーンの伝記映画として見た場合、それほど高いクオリティではないだろう。

批判的な意見の大部分がフレディ並びにメンバーの内面に触れていない点を挙げており、

またライブエイド前の活動についてはまるで活動休止中のように描かれているが、実際はそんなことはなかったようで、その辺のちょっとしたフィクション~脚色の部分についての批判もある。

翻って、この映画をエンタテイメント作品、もっと言えば

「ライブエイドにおけるクイーンのパフォーマンスを2000%楽しむ為の作品」

という視点で見た場合、これは文句なしにグレートな作品である。

実物と見た目が似ているとは決して言えないラミ・マレック氏の虚ろげな眼差しと、実物よりも随分小さなその体躯は、氏の尋常ならざるフレディへの動きの同化により、実物のフレディの見た目とは裏腹に、情緒不安定で繊細かつ複雑なフレディ・マーキュリーの内面を逆にありありと表象しているように見えた。

しかし同時に、ライブエイドでのクイーンの圧倒的パフォーマンスがクライマックスになければ、その演技が持ち腐れになった可能性は十分にある。

実際は4Dシアターでのクライマックスシーンのテンションのブチ上がり方は3000%であったわけだが、そういう、ストーリーだけで魅力的かどうかは疑問符がつく作品ではまぁあると思う。

視点によって評価は変わって来るだろうが、兎に角も僕が映画館に二回足を運んだ作品はこれが初めてである。

2019年2月4日月曜日

世界は一人

という舞台の稽古中である。

 

なかなかの豪華キャストである。

俳優陣の演技はもちろん、音楽担当の前野健太さんの作曲もさすがというか、

芝居と溶け込むようでいてBGMにはならない、ガーサスな仕事である。

バンドメンバーでCDを持ち合うのも楽しい。

初日まであと約2週間ほど。

稽古も毎日楽しいが本番からの日々はますます楽しいに違いない。


2019年1月8日火曜日

電子書籍に望むこと

Kindleアプリを結果的に愛用している。

PCを含む主要なプラットフォームを網羅しており、Android端末であれば ”購入→ダウンロード→読む”までアプリ内で完結できる。

電子化されていない作品でもアマゾンと組み合わせれば見つからないという事はほぼない。

ちなみにiOS版では購入はブラウザ経由である必要があり、少しだけ億劫になる。

またiBooksは当然ながらiOS以外では使えないし、ストアもKindleに比べると劣る印象だ。

そんな非常に利便性の高いKindleアプリだが、ここまで来るともう一つ欲しいサービスがある。

それは「権利貸し」の機能である。

個人間レンタルとでも言おうか、購入した作品であれば期間を決めて友人など個人に読む権利を一時的に譲る機能を持たせられないものだろうか。

中古という形態がないフォーマットである以上、それがなければ読みたい人は基本的に定価・新品の価格で買うしかないわけだが(セール・キャンペーンなどもあるが、それらは主にメディアミックスが決まった作品だったりで、かなり限定的である印象だ)、これは個人的な感覚としては「ハードカバーで買う」くらいの感覚で、よほど興味があるか好きな作家の新作ででもなければ手を出さないのでは、と思うのである。

その点で電子書籍は「ちょっと気になってる」レベルの機会損失が大きいのではないかと思っている。

ちなみに"KindleUnlimited"という読み放題サービスも試したが、雑誌や話題の新作は対象外である事が多く、あまり意義が感じられなかった。

とにかく、「1購入につき1権利」なのだから、買った当人がそれを貸したり譲渡する権利はあるはずである。

システムはやや複雑になるだろうが、その機能が加われば定価で購入するハードルは少なくとも個人的には随分下がる。

貸す友達がそんなにいるわけではないが。










2018年7月25日水曜日

GVIDOは使えるか(2/2)

では述べる。

1.PR記事より「ちなみに、楽譜を取り込む方法は3種類あります。ひとつはUSBでパソコンと直接つなげる方法。もうひとつは、前述のMy Libraryというクラウド上の管理画面に楽譜を追加して転送するやり方。あとは、マイクロSDカードから追加する方法です」

参考記事(既出):https://www.arban-mag.com/article/7959

まず有線(しかもmicroUSB)、SDカードは論外(その事に気づいていない時点で地雷)として、My Libraryとは何か。dropboxやGoogleDrive、boxには非対応なのか。そもそもOSのベースは何なのか。もしやサードパーティアプリが一切使えない仕様なのか。クラウド非対応でWEBリンクもメールも開けなければ現場で譜面をどうやって取り込むのか。

「オンライン上に、My Libraryという管理画面を持てるのですが、メンバーの方がアカウントをお持ちであれば、楽譜やセットリスト、書き込み内容を共有することができます」

絶句。。

2.内臓メモリ8GB (ROM)、SDカードは32GBまで。

pdfの譜面データであれば一応の用は足りそうだが、およそ18万円(税抜)の価格設定に見合ったスペックと仕様ではない。SDカードのデータ破損は珍しい事ではない。

3.ペン入力の仕様についての言及がない。

applePencilのような専用ペンでも、アプリによってはペンを握った指も認識されてしまう問題がある。その点を克服しているのか。

4.専用譜めくりペダル

巨大矢印キーにすぎない譜めくりペダルが自社製品のみ対応とすれば大いに問題があると言わざるを得ない。確認が取れていないだけだと思いたいが、とにかく外部機器やアプリとの連携を悉く拒んでいる印象がある。あと「bluetooth内臓」って何? バージョンくらい書きましょうよ。まさかver.2ではあるまいな。

5.価格設定

値段より「演奏家の苦労をいかに減らすか」にこだわったそうだが、プロにフィードバックを頼んだ形跡はどうも見受けられない。アフリカやインドなどの新興国向け激安androidと見分けがつかない技術仕様やwindows95な概念で、この強気なお値段設定には驚愕を禁じ得ないが、インタビューではむしろお手盛りなコメントが散見される(海外ではいいね、安いね、だそうである)。この傾向は大爆死という表現が当てはまるVaioPhoneを彷彿とさせる。

総論
カメラもなく、外部との連携が絶たれているのは致命的、というかもう死んでいるかも知れない(MyLibraryをクラウドとは呼べない)。

ストアも貧弱なまま発展は望めないと思われるので(偏見)、「ScanSnapix500」を持つアマ、のような限りなく少ない購買層が大枚はたいて買う、という規模のセールスとなるだろう。

Android6.0を擁するE-ink端末 Booxの動向を見守る方がまだ賢明かも知れない。










GVIDOは使えるか(1/2)

iPad pro (12.9インチ)で譜面を見るようになって久しい。

アプリはforScoreを使っている。

兎に角 管理が楽でありセッションミュージシャンにはうってつけである。

唯一の問題は見開き、即ち次のページを見る動作で、半めくり機能や横にしての2P表示も可能なのだが、半めくりは譜めくり頻度が倍になってしまう&視覚的に脳が混乱するのでかなり集中の妨げになるのと(慣れの問題かも知れないが)、2P表示は慣れている曲でない限り、やはり小さい。老眼ではお手上げのはずだ。

2台持ち&連動はシンプルかつ効果的な回答だが、様々な意味で現実的ではない。

そして強いて言えば譜面が光っているのはやはり落ち着きが悪い。

そんなわけで”二画面の大画面タブレット(楽譜以外に用途が思いつけない)で、目にもバッテリーにも優しいE-ink方式のもの”が開発されないかなあ、されねーよなあ。。

と思ったら開発されていたのだ。

その名もGVIDO (グイド)。

本体(DMS-W1) ¥180,000
・ディスプレイ:13.3型低反射フレキシブル電子ペーパー(150dpi、1600×1200pixel)
・重量:約660g
・外装:カーボンファイバー
・ペン入力(2画面):電磁誘導方式(株式会社ワコム)
・タッチスイッチ:赤外線タッチスイッチ
・内蔵メモリー容量:8GB
・インターフェース:microSDカード、マイクロUSB端子
・無線LAN:802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)
・Bluetooth内蔵
・バッテリー:3時間充電で3日間使用可(※1日、1分間ごとに100ページをめくった場合)、マイクロUSB端子充電
フットスイッチ(DMS-FS1) ¥30,000
牛革カバー(DMS-L1) ¥30,000
問い合わせ:GVIDOサポートセンター cs-jp@gvidojapan.com
https://www.gvido.tokyo/ja/

"なお、テラダ・ミュージック・スコアとF55クリエイティブデザインスタジオの社長である野口不二夫氏は、ソニー出身で、Sony Readerなどをはじめとした電子書籍事業や、音楽配信「エニーミュージック」などを担当した人物。文教市場向けとして、2013年末から発売された13.3インチパネルを使ったデジタルペーパー「DPT-S1」の開発も指揮した経験を持つ。"

"GVIDOの生産は長野県安曇野市にあるVAIO社の本社工場で行われ、段差のないヒンジ構造は、同社の「VAIO Z フリップモデル」のディスプレイ構造に使われている技術が元になっている。また、ソフトウエア部分については、VAIOのソフト開発部隊が母体となって作られた、ソニー100%子会社のソフト開発企業、ソニー・デジタルネットワークアプリケーションズ社が担当している。"

参考記事:https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1002862.html


。。。

私は直感した。「これは使えない」と。

実物を見ても触ってもいない、レビュー記事とスペックからの偏見に満ちた視点ではあるが、問題と思われる点に触れていきたいと思う。それらの問題が解消すればおよそ20万円という寝ぼけた値段を出すことも伊藤舞。

(2/2に続く)





2018年1月19日金曜日

いきなりステーキとか、その辺

今日は演奏後に閉店ギリギリでいきなりステーキに行った。

演奏前に食べ過ぎると色々 支障が出るのと、演奏後、つまり深夜帯に定食などを食すのも

これまた色々 問題があるという中、ステーキとワイン一杯というのは褒められたものではないものの、

少なくとも眠くはならずに済む。少なくとも帰宅後に簡単な宿題を片付けるくらいの余裕はまだある(ブログ書いちゃってるけど)。

それに、仕事後に食い過ぎないなりに何か食べたくて、

且つあまり遅くはなりたくないのでサッと食べれて、

更にサッと一杯くらいは飲んで、というリクエストにマッチするものは意外と少ない。

立ち飲み屋は条件を満たしていそうで あくまで飲み屋であるので、内容もテンションも

ちょっとマッチしないし、牛丼屋でビールと牛丼(又は定食)というのは上に述べた通り

夜はかなり問題がある上に殺伐とし過ぎている。ラーメンは牛丼よりはマシな気がするが

気がするだけで同じようなものだし、何より帰るなり幸せ一杯で眠りにつく事が目に見えている。

というわけで夜食にステーキは決して気まぐれな選択というのでもないのである。


さて、映画につけ食事につけ何かと批評的に接してしまうのは楽しみを奪うという意見もあるが、

なかんずく毎日の食事はお財布と身体への負担、影響が大きいものであるからして、

またストレスが食事に向く人(自分)には求めている満足感が得られるかどうかというのは

かなり重要だと言える。

結論から言うととても美味しかったですw

今回はアツアツの鉄板上にレア(というよりほぼ生)で出されるステーキに、

いきなりソースをかけて鉄板温度を下げてしまい、生焼けを延々と食すという

以前犯した失態を避けられた点も最後まで美味しく食べられた要因ですね。

「レアをおすすめしています」の案内に従った方はその後の

「ソースをよく振っておかけ下さい」の案内にすぐ乗らないように気をつけましょう。


そして、費用対効果も考慮した総評としては「概ね満足だがやや惜しい」です。

(ここからまるで悪口みたいになってしまいますが、前提としてとても美味しくいただいた、という事は記憶に留めておいていただきたく候)

数回行きましたがまずワインがイケてないですねぇ。

グラスワインの赤(520円税抜)を主にいただきますが、

ワインの性格がステーキとそれほどマッチしていない印象を受けるし、

ワイン単体で見てもサイゼリヤの100円のものとどっこいか、

個人的にはサイゼリヤのものの方が美味しいと思います(これは個人的な意見)。

100円で出せとは言いませんが520円ならもう少し頑張れる気がします。

単価を上げたいのだろう、などとツマラナイ事を考えさせられてしまいます。

我ながらやな客だなあと思いつつ続けます。

代表メニューのリブロースステーキ(6.9円/g)300gをいつもいただきますが、

300g近似値で税込2200円前後。肉質はまあ並ですがスジっぽくもなく、

税抜きなら2000円ちょっとなので十分「アリ」な肉質だと思います(消費税は悪)。

が、いかんせん焼き方がよろしくないですね。

鉄板で好みの焼き加減にするのはよいのですが、

ほぼ生の肉を高音の鉄板に乗せて提供するのをレアとは言わないですし、

肉のポテンシャルを少なからず損なう方式なのは間違いないでしょう。

勿論 立ち食いスタイルと併せて提供を早くして回転数を上げる方式なのは

お店もそう言っている周知の事ではあるので、そこをあげつらうつもりはないのですが、

ステーキとサイド(ワイン含む)一品で2700円でお得感を感じさせるには

少し足りないように思いました。提供前の焼き入れをもう少し丁寧にすれば

大分印象は違うはずなのだが、、回転率か、、などと勝手にジレンマしていました。

文句があるならもっと高くていい肉を食え、となるとじゃあ他店へ。。となってしまいます。

実際は遅目の時間の帰り際にサッと食べれるようなステーキ屋は東京には少ないので

他店へ行くという選択肢は現実的ではないのですが、

回転率はお店のメリットでもあるので そこにお得感を見いだすのは難しい。立ち食いだし。

というわけで結論はやはり人気の「ランチのワイルドステーキ+ライス」。

提案として、夜の外食で回転率はそこまで望めないのでは(夜で混雑はあまり見ない印象)、

という観点から、「夜のみ提供前の焼き入れを丁寧にする」、というのはどうだろうか。

ランチ限定だったワイルドステーキ(ハズレるとかなりスジっぽい)を夜も出すよりは

単価も満足度も上げれるのではないかと思ったり。

ちなみに接客はいつもどの店舗もめっちゃいいです。

ウダウダ言いながらまた行っちゃうことでしょう。





2017年11月21日火曜日

au ビデオパス

のCMのピアノを担当させていただきました。




この日はドラムの今村慎太郎君と。丸メガネブラザーズですな(笑)



もう15年くらいの付き合いのシンちゃん。


完成版を見たらOKテイクの後のハッチャけテイクが結構使われててびっくり(^o^;)

現場では「これはやりすぎだろ〜w」と思った部分も

ミックスして聞くと結構すんなり聞けちゃうものですね。

もっと盛大にふざけられるようにならねば!