2017年6月27日火曜日

iPad pro 12.9インチ 新旧

6月13日頃より実売が始まったiPad proを買った。

本当は2015年製の先代機種の整備済品を狙っていたのだが、履歴を見ても5月以降は全く上がっていなかったのと、新型の発表会を見てまぁこっちで(が)いいかと判断した。

だから今朝 旧型の整備済品が僕の買った新型より3万円安く出ているのを見ても「もう少し待てばよかったかも」とは少ししか思わない(爆)

改良点を見れば新型を買うべき理由もちゃんとあるが、三万円差はなかなか大きい。

というわけで改良点を述べてみる。

というかここに書いてある(再爆)。
https://gori.me/ipad/ipadpro/96727

自分の使用目的に照らし合わせて感想を述べると、

1.ディスプレイ性能(明るさ(輝度とは違う)、色彩表現幅)がアップ

→それほど重要ではないが 違いははっきり感じられる。譜面の閲覧に於いて自分が思っているよりも好影響を与えているのかも知れない。

2.カメラ性能アップ(8メガピクセル→12メガピクセル)

→譜面をカメラで取り込む(CamScanner使用) 際に非常に綺麗に撮れる(手持ちのandroidスマートフォンと比較)。iphone7と同じレンズというのは伊達ではないようだ。こちらもScanSnapを持っている手前あまり念頭に置いていなかったが、嬉しい誤算だ。

現場で渡された譜面を自宅で読み取り込み直す必要は大分薄れそうだ。 旧型のカメラ性能でもそれほど変わらないのかも知れないが、手持ちのXperiaZ3やiPhone5sでは今まで満足が得られなかった事を鑑みれば性能アップの恩恵はあると判断してもよさそうである。

3.CPU性能アップ

→譜面閲覧・書き込み、ストリーミング用途、WEBブラウジング旧型で十分なはず(GaragebandやiMovieはiPadではやらない派)。とはいえ劇的と言ってよい性能アップではある。

4. 4K動画撮影

→今のところしません。でかいからこれからも多分やらない。

5.第二世代Touch ID搭載
影響大。これが新型にした大きな理由の一つ。第一世代は認証成功率が低く、ストレスを感じる。このためだけに三万円を払うかと言われればビミョーだが、 細かいストレスを頻繁に感じる事を鑑みればプライスレス?

6.リフレッシュレートが二倍に(60Hz→120Hz)

Apple Pencilの描画感度や画面の滑らかさが二倍とのことだが、手持ちのsurface pro2(2012年製)並びにsurface penで特に不満を感じた事はなかったので「いいんじゃない?」程度の認識。

但し液タブ利用を考えている人には かなり魅力的なアップデートなのではないかと。

という感じで、1、2、5の要素が自分の用途には大きいが、来たるiOS11では遂にMacOSの「finder」的な総合ファイル管理機能的要素が導入されるようなので、3.のCPU性能が結構重要になってくるかも知れない。

というわけで結論は

「妥協して3万円安い旧型でも十分満足は得られるだろう。とはいえ長く(3年以上)使うならなんだかんだ新型を勧める」

ちゃんちゃん♪

2017年6月16日金曜日

usb 3.1(type-c)の大きな可能性(2)

下書きの保存ができていなかった。自動保存の仕様がないのかも知れない。
bloggerは色々とGoogleパワードとは思えない点がたくさんある。
さてusb3.1(type-c)の優れた点であるが、

usb3.0、2.0からの進化としては

・転送速度(10Gbps(3.1)←5Gbps(3.0)←256Mbps(2.0))
・給電能力(100W(3.1)10W(3.0)5W(2.0))
・差し込み表裏なし
・双方向性(コネクタ双方が入力側にも出力側にもなれる)
・ディジーチェーン(数珠繋ぎ)可能(?)→(同一ポート型のthunderbolt3のみの可能性あり)
あたりである。

特筆すべきは給電能力である。usb3.0の転送速度が2.0の20倍になったの以上に劇的な変化向上であり、理論上は液晶モニターやPCへの充電もType-cケーブルで行える事になる。

つまり、電源ケーブルと通信ケーブルが一本にまとまる事になる。l

これは革命と呼んで差し支えないのではないだろうか。

各機器のケーブル数が単純に考えて半分になり、許容ワット数の高いアダプタが一台あれば電源タップやタコ足もいらなくなる。


ディジーチェーンとの合わせ技が可能であればケーブルの取り回しも「スッキリ!」である。

wi-fi接続のトレンドも進行しているとはいえルーターやプリンタに電源が必要なのは変わらないし、

コンマ数秒の遅延が致命的な問題になる音楽系の周辺機器(多分イラスト系も)は無線化からはまだ遠いところにいる。

従ってこのusb3.1(type-c)こそが真の革命児である!!

・・・はずなのだが、いくら調べても

「最大400ワット(3.1x4ポート)対応モンスターusbアダプタ!」や、

「usb3.0x10ポート対応マキシマム・ザ・ハブ!」

のような製品は見当たらない。。

世界が変わったのに一体何をやっとるのだ! と憤りを感じそうにもなるが、

きっと性能を最大限活かすにはクリアすべき要素がまだあるのだろう。

革命の夜明けは近い。。はずだ。




2017年5月27日土曜日

usb 3.1(type-c)の大きな可能性(多分1)

2015年頃からぼつぼつと普及しつつあるusb3.1並びにそのコネクタ形状であるtype-cコネクタは、特に昨年2016年版のMacbook proに従来のusbポートを排して搭載された事で、大きな話題(と批判)となり、認知度を上げたように思う。

2015年頃からMacbookや、androidスマホにも採用されてはいたが、少なくとも僕は大して注目していなかった。

何故かと言えば新型規格の目的は大体

1.ハードウェアのスリム化、薄型化目的
2.新規格での製品需要並びに売上喚起
3.伝達速度等の性能アップ

で、特にapple社のlightningコネクタのように3.を装いながらも半分はライセンス料目当て(2.に該当)だったりする事が主だからで、

それに対してusb3.0はそれまでの2.0に対して10倍の情報転送性能と倍の供給電力を有するという、特に転送性能に於いてかなり革命的刷新であり、且つまだ完全に普及しきっていない(周辺機器の価格帯もまだ高いままである)事を踏まえると、コネクタ面で2.0、3.0と互換性のない3.1(type-cコネクタ)は挿し易さを勘案したとしてもいかにも時期尚早に思えたのである。

また、クリエイター向けのハードウェアは価格も高く需要も限られる為 製品サイクルは遅目であるので、クリエイター御用達のMacbook proが広く普及している従来のusbポートを切り捨てた事は現時点では暴挙と言われても仕方がない。

特に最近のappleはバカ高いコネクタで売上げを増やそうという魂胆も透けて見えるので!僕もかなり批判的な目でtype-cの採用を見ていたのだが、

色々と調べるとusb3.1はusb3.0を超える真に革命的な規格であるかも知れない事がわかってきたのである(2に続くはず)。

2017年4月14日金曜日

4/26 KAMIJO "Epic Rock Orchestra"@赤坂BLITZ

思えば結構長くキーボードを務めているマスコーラスグループ"BE CHOIR"の最近アツいコンテンツといえば、

ロックヴォーカリスト&素晴らしい作曲家であるKAMIJOさんとのコラボライブなのですが、

なんと今回はコラボ企画ではなくKAMIJOさん ご本人のライブに参加させていただく事になりました!!



KAMIJOさんの楽曲はジャズ上がりの僕でも「おおお、そう来るか!」と驚く転調の数々と美しいメロディラインで(やっと主メロに戻ったと思ったらそこも冒頭とは違うキーになってたりで、もう音楽的に萌え萌え)、

今回は凄腕のバンドメンバーに加えてバイオリンのクラッシャー木村さんも参戦して下さり、

KAMIJOさんの美しいオーケストラアレンジも生のバイオリンと相まってより体感できるライブになりそうです。

控え目に言うと、、、「必見!!」かな!

4/26 KAMIJO "Epic Rock Orchestra"@赤坂BLITZ

[チケット]
THANK YOU SOLD OUT!!←書いといてすみません。7月に追加公演あります!

【Live Member】
Gt : Meku
Gt : Anzi
Ba : SHUSE
Dr : 山崎慶

Violin : クラッシャー木村
Piano : 佐山こうた





2017年4月13日木曜日

というわけで告知

1月なのに随分忙しいなあ、と思っていたら今は4月の13日である。

年齢のせいもあるのだろうが、それにしても早い。

今まで関わってきた色々な人や仕事がお互いに結びついて新たな展開に結びついている。

ミュージシャンは特にだけど、仕事の楽しみというのはこれに尽きますね。

というわけでまずはコーラスグループの「サーカス」さんの新アルバム「POP STEP BALLAD」のリリースライブが、

4/21(金)大阪ビルボード
4/22(土)名古屋ブルーノート
4/27(木)丸の内コットンクラブ

にて行われます。

このアルバムでは一曲毎に違うピアニストが伴奏を務めており、僕はなんと父の佐山雅弘とダブルピアノで参加しています。

更にライブでは前田憲男、島健、鈴木和夫、佐山雅弘、佐山こうたという

参加ピアニストのほとんどが一堂に会し、アルバムでもなかった組み合わせでサーカスのバックを務めます。

まさに3ナイトオンリー。

四度とないこの機会を是非 見ていただきたいです。

POP STEP BALLAD / サーカス



引き続きウィッチャー3にハマる

相変わらず帰宅後の楽しみはウィッチャー3です。

FF13やドラクエ8をそれなりに楽しみつつも「なんだかなぁ」と感じた部分を見事にクリアしている。

昨今のストーリー型RPGの難点はムービーなどを活かすためか、

「次はここに行って下さい」、「この場所にはまだ行けません」という感じで、

寄り道の好奇心を激しく抑圧している。ボス戦の前にレベル上げをしたい場合は同じ場所をぐるぐる回って同じ雑魚キャラと戦い続けるしかなかったりする。

よくいわれる「一本道」感というやつですが、これはあくまで「感」であって、

ドラクエ3もFF5も基本は一本道には違いないので、やはり任意で行ける場所が少ないのが問題だと思われる。

恋愛ゲームでもないのでマルチエンディングにもそれほど重要性は感じない。

その一本道感を緩和するためか、近年は「サイドクエスト」というものが大抵の作品に用意されてあるのだが、

FFシリーズのそれは最新の15でも大変不評で、レアアイテム入手、銭稼ぎ、レベル上げ、ひたすら強いだけの敵、など、「純粋な寄り道」に過ぎない、というのが痛い。

ウィッチャー3はその二つが非常によく消化されている。

メインクエスト(ストーリー)の脇に無数のサイドクエストがあり、

経験値はクエストの解決でのみ得られ、サイドクエストにもサイドキャラや物語性があり、

クリア方法にも選択肢(許す・許さないなど)があり、クエストの順番は基本的に任意であり(クリア推奨レベルは設定されている)、

サイドクエストがメインクエストの進行にもつながっていたりと、

寄り道とストーリーのバランスが絶妙なのである。

ちなみにメインストーリーが面白いかと言われるとよくわからないが、

その点は全く気にならないので、それは詰まるところ「ピーチ姫を助け出せ」とかその程度でよいのかも知れない。










2017年4月10日月曜日

”ウィッチャー3”にはまる

最近PS4を買った。買ってしまった。

ハード機を買うのはおよそ発売から5年~10年が経過し、ブックオフで捨て値で売られているものに限られて来ていたのだが、背後のVRに導かれそのサイクルから外れた恰好である。

VRもいずれ買うつもりだ。第二世代が狙い目だと思っている。

感覚的、間隔的にはもう出てもよい頃だが、現実は第一世代の量産がやっと再開されたところである。

ゴーグルという至近距離ではフルHD解像度では物足りないという意見もある。

解像度のアップデート(WQHDで手を打とうではないか)のみでお値段据え置き、という条件でよいからすぐ出すのだ、ソニーよ。

Xperiaなんて年に一回新機種を出せばよいから。

そういえばおたくの作った12インチのeインクリーダーも是非欲しい。よく作ってくれた。

なのに一台10万円越えで法人販売だけとはどういうつもりなのだ。書類はおろか新聞雑誌のプラットフォームとして覇権を握れるだろうに。

話が逸れてしまった。

5年落ちでハードを買うともれなくソフトもお駄賃程度の値段で遠慮なく買える。

即ち、PS4のソフトはまだそこそこ値が張る。

だから何を買うかは慎重に選ばなければならない。

ここまでが枕だ。酷い。

とにかく、RPG、アドベンチャーゲーム関連でレビューを丹念にチェックした結果、

"ウィッチャー3 ワイルドハント"を購入したわけだが、これは当たりだった。

ドラクエ4以来のハマりっぷりである。

なぜこんなにハマれるのかを書きたいのだがもう今日の現場へ向かう時間である。

朝っぱらからウィッチャー3をやってたからこうなるのである(爆)